育毛シャンプーは1つじゃない、育毛シャンプーのタイプを知るべし

通常のシャンプーにも数多くの種類が有るように育毛シャンプーにもタイプが存在しています。

現在確認出来るだけでも3種類程頭皮に優しいシャンプーは確認でき、中には育毛にも向いているのも存在していました。

その3種をこれから紹介していきましょう。

1スカルプシャンプー

洗浄力はほどほどにした程度で市販のシャンプーに比べると洗浄力は劣りますがそれでいいのです。

何故なら、頭皮を洗いすぎると頭部を保護する皮脂を余分に洗い落としてしまい頭皮の湿疹やフケ、かゆみ等を引き起こしてしまい却って悪影響を及ぼすからです。

スカルプシャンプーはその点を考慮してわざと洗浄力を落とし、必要最低限程度にまでしています。結果として頭も洗浄しつつ頭皮は洗いすぎないを維持できて、髪や頭皮を優しくしてくれます。

2石鹸系シャンプー

名前の通り石鹸を主成分としているため、刺激の強い成分は控えめで頭皮の洗いすぎも防いでくれて、頭皮のみならず肌にも優しいシャンプーです。

ただし石鹸シャンプーは、ちゃんと洗浄しなければ頭皮に汚れとして残り発毛を阻害したりフケや痒みの原因にも繋がる為、よく頭部をしっかりと洗い流す必要性があります。

3アミノ酸系シャンプー

頭皮の汚れを皮脂を維持したまま洗い流しつつ石鹸シャンプーよりも優しく洗い上がりをし、そして刺激も強くない為頭皮にも優しいのが売りのアミノ酸シャンプーは、アミノ酸を始めとした天然系材料を使っているのが多いのが特徴です。

それらの成分は傷んだ髪の修復を手伝ってくれるので頭皮に加えて毛髪もフォローしてくれる育毛向きシャンプーと言っても良いでしょう。

今回は以上となります。同じシャンプーでも成分が違えば効果も違い頭皮への影響具合も変わってくるので購入する際は意識して選ぶと良いでしょう。

男性ホルモンが薄毛の原因って本当?正しい知識で育毛に役立てよう!

昔から薄毛や抜け毛には、男性ホルモンが影響しているといわれます。

でも、マッチョなりりしい男性でも薄毛に縁がない人も多いですし、薄毛に悩む人すべてが旺盛な男性ホルモンを持っているわけではなさそうですよね。

では、なぜ薄毛の原因に男性ホルモンがあげられるのでしょうか?男性ホルモンが、頭髪にどんな影響を及ぼしているのか、検証していきましょう。

男性ホルモンの影響とは?

男性ホルモンの影響
頭髪は、毛穴の奥にある毛母細胞が、血液によって運ばれる栄養素と酸素を取り込み、細胞分裂を繰り返して作られます。ですから、この細胞分裂が順調であれば、薄毛になるリスクはありません。

ところが、DHT(ジヒドロテストステロン)という成分が毛穴に存在すると、毛母細胞の分裂時に起こるたんぱく合成をジャマして、細胞分裂を妨害してしまいます。

このDHTは、別名「悪玉男性ホルモン」といわれるもので、毛乳頭に潜む5αリダクターゼという酵素が、男性ホルモンの一種であるテストステロンと結びつくことによって生成されます。

つまり、男性ホルモン自体が直接の薄毛の原因なのではなく、5αリダクターゼと結合してしまうことで、薄毛リスクをアップさせるのです。

この5αリダクターゼは、もともと人間の体にある酵素のひとつで、人によって量や存在する場所がまちまちです。
前頭部の毛乳頭に多く持っている人は、前から薄毛になりやすく、頭頂部の毛乳頭に多く持っている人は、つむじから薄毛になっていく傾向があります。

また、5αリダクターゼが存在する部位は、遺伝の影響を受けやすいため、血のつながりで似た頭になっていくのはそのせいなのですね。

しかし、5αリダクターゼをたくさん持っているからといって、あきらめることはありません。

最近の薄毛医療はどんどん進歩していて、5αリダクターゼをブロックする治療も始まっていますし、DHTの生成をおさえる効果のある育毛剤も発売されています。

また、血行を改善して栄養をたっぷり送り込み、毛母細胞の順調な細胞分裂を手助けすることでも、薄毛リスクを減らすことができます。

そして過度の筋肉トレーニングや、ホルモン剤の乱用を控え、男性ホルモンを増やしすぎないことも重要です。

原因を把握する事が重要

薄毛の原因
薄毛の原因には、男性ホルモンが関わってはいるものの、決して悪者ではありません。

5αリダクターゼの量や部位は、薄毛外来のあるクリニックで調べることができますので、気になる人は一度診察を受けてみるのもよいですね。

きちんと把握することで、薄毛の改善と予防に役立てることができるでしょう。

あわせて読んでおきたい記事→薄毛が治る育毛剤